Profile


 

岩系アーティスト・クリアボイスセミナー主宰

 

  自然界に満ちるいのちのエネルギーを音霊として表現するアーティスト。

 

その声は、自然と人間を結び協働し、本来の自分を呼び覚ます。

 

 日本古代文化・縄文文化を、これまでにない普遍的で魅惑溢れる、

 

新たな独自の解釈で、唄、楽器、そして、舞いにより表現する。

自然界に満ちる いのちのエネルギーを音霊として表現するアーティスト。
その声は、自然と人間を結び協働し、本来の自分を呼び覚ます。

日本古代文化・縄文文化を、これまでにない普遍的で魅惑溢れる、新たな独自の解釈で、唄、楽器、そして、舞により表現する。
キリロラ☆の追及する音楽美は、古代人の心と源風景を体現させ、現代人の心を心地よく、また激しく揺さぶり続けている――。

人が持つ本質的な声を解き放つと、現実を変えられるという真理を発見し、2009年12月より、一人ひとりが持つダイヤモンドの
様な光の声を見つけ引き出していくボイス教室、クリアボイスセミナーを各地で開催。
現在、東京をメインに、関西、名古屋、九州他においてもレッスンが開かれ、クリアボイスセミナーメソッドは全国に拡がりをみせて
いる。また、自然の中で有音・無音の音を研ぎすませ、自然と響き合うことで自分の声と向き合うワークショップを、蔵王、伊勢、
淡路、沖縄、糸島、青森、奈良県天川村など各地で開催。これまでの参加者は約200人以上。国内だけにとどまらず、ハワイ島にて
2年連続で開催するなど、日本から世界へと繋げている。

2005年より キリロラ☆ソロプロジェクト開始。毎年ライブを開催。12年目にあたる2017年11月30日めぐろパーシモンホールにて「
青の龍精」ライブ開催。

2010年以降 葦舟(アシブネ)造り、葦舟奉納のプロジェクトに参加。

2013年12月 銀河の小さな星の民族が唄い舞うような、「オノコロボイス」をプロデュース開始。

『海外活動』
イスラエル、アメリカ西海岸 、イタリア トリノ ダマヌール大地の神殿、ミラノトリエンナーレ美術館、フィンランド カウスティネン民族音楽祭、エストニア
DiveDiveDive Festival、マリーミッシェル監督との音楽映像制作、デニスバンクスドキュメンタリー映画 (ナレーション・音楽)
CMナレーション多数。

『 CD 』
 カ・タ・リ・ウ・タ(2006年9月)・マノスベ (2010年8月)・ 大和の心の響(2012年3月)
・きみがよヒビキ(2013年4月)・葦舟の唄(2014年11月)・HONUうみの亀さま(2016年1月)

東藝術倶楽部顧問